人気ブログランキング |
ブログトップ

㈱谷中田美術作業日誌

yachudaart.exblog.jp

弊社の仕事を紹介します

昔のお仕事11(昭和28年 鳥羽市の御木本幸吉翁像)

御木本幸吉氏は御木本真珠店(現・ミキモト)創業者で真珠の養殖とそのブランド化などで富を成し真珠王と呼ばれた人物です。御木本氏が世界で初めて真珠の養殖に成功したのが、三重県鳥羽市のミキモト真珠島で現在この島は鳥羽の代表的な観光施設です。
作者は文化勲章受章者の彫刻家・北村西望氏(1884~1987)です。
この銅像は東京都日暮里の菓子鋳造所でブロンズ鋳造され昭和28年(1953年)に健立されました。当時は戦後最大級の大きさ「高さ12尺(375cm)、重さ650貫(2450kg)」だったそうです。
当時この大きさの銅像を運搬設置するのは大変な作業だったと思います。
昔のお仕事11(昭和28年 鳥羽市の御木本幸吉翁像)_c0251346_1717962.jpg
昔のお仕事11(昭和28年 鳥羽市の御木本幸吉翁像)_c0251346_17175982.jpg
昔のお仕事11(昭和28年 鳥羽市の御木本幸吉翁像)_c0251346_1717247.jpg
昔のお仕事11(昭和28年 鳥羽市の御木本幸吉翁像)_c0251346_17181388.jpg
昔のお仕事11(昭和28年 鳥羽市の御木本幸吉翁像)_c0251346_17173927.jpg

by yachudakunihiro | 2013-07-25 17:08 | 昔のお仕事