人気ブログランキング |
ブログトップ

㈱谷中田美術作業日誌

yachudaart.exblog.jp

弊社の仕事を紹介します

カテゴリ:昔のお仕事( 16 )

谷中田美術の創業者谷中田国雄は1906年(明治39)生まれで1926年(大正15)に20歳で谷中田美術を独立創業しました。その当時は現在のように作業着など無く、はんてんを着用していたそうです。現在弊社に残っている最後のはんてんをご紹介します。
昔のお仕事6(昔の作業着)_c0251346_163194.jpg
昔のお仕事6(昔の作業着)_c0251346_163782.jpg
背紋は谷と美とクニのデザイン、胴回りは美術品取扱店の文字があります。
昔のお仕事6(昔の作業着)_c0251346_1685648.jpg
昔のお仕事6(昔の作業着)_c0251346_168594.jpg
     今から60年程前のはんてんを着用していた頃の作業です。
昔のお仕事6(昔の作業着)_c0251346_1625813.jpg
  弊社創業者谷中田国雄の銅像です。この像でもはんてんを着ています。
   制作者:日展評議員 久保浩
   題名:懐かしい人
   出展:第25回日彫展(1995年)
by yachudakunihiro | 2012-12-03 16:24 | 昔のお仕事
愛知県名古屋市千草区にある覚王山日泰寺 (かくおうざん にったいじ) は、タイ王国から寄贈された仏舎利を安置するために、創建されました。「覚王」とは、釈迦の別名で「日泰」とは、日本とタイ王国を表しているそうです。このお寺は 超宗派の寺院でどの宗派にも属していない日本で唯一のお寺で、各宗派(現在19宗派が参加)の管長が、三年交代で住職を務めているそうです。この寺院の山門は1986年(昭和61)に建立され、左右に彫刻家・円鍔勝三氏作の阿難・迦葉像が納められています。山門正面向かって左が迦葉尊者、右が阿難尊者で、迦葉尊者は佛弟子中の最長老で釈尊滅後の佛教教団を率いて佛教第二祖となりました。 阿難尊者は釈尊の従弟で晩年の釈尊に侍者として仕えその最後を看取ったそうです。この両像も木彫としてはかなり大きな方で山門に収めるのは大変だったそうです。
昔のお仕事5(昭和61年 愛知県名古屋市 覚王山日泰寺)_c0251346_15583377.jpg
  実際に見ると大変大きな寺院です。山門も、とても立派です。
昔のお仕事5(昭和61年 愛知県名古屋市 覚王山日泰寺)_c0251346_15585552.jpg
  右上の白い上着の方が圓鍔勝三先生です。
昔のお仕事5(昭和61年 愛知県名古屋市 覚王山日泰寺)_c0251346_15592692.jpg
  圓鍔先生の川崎市のアトリエから搬出しています。
昔のお仕事5(昭和61年 愛知県名古屋市 覚王山日泰寺)_c0251346_1623834.jpg
昔のお仕事5(昭和61年 愛知県名古屋市 覚王山日泰寺)_c0251346_1625454.jpg
昔のお仕事5(昭和61年 愛知県名古屋市 覚王山日泰寺)_c0251346_1631610.jpg
昔のお仕事5(昭和61年 愛知県名古屋市 覚王山日泰寺)_c0251346_1633045.jpg
昔のお仕事5(昭和61年 愛知県名古屋市 覚王山日泰寺)_c0251346_1641419.jpg
昔のお仕事5(昭和61年 愛知県名古屋市 覚王山日泰寺)_c0251346_1643326.jpg
昔のお仕事5(昭和61年 愛知県名古屋市 覚王山日泰寺)_c0251346_1644231.jpg
    左が迦葉尊者像で右が阿難尊者像です。
by yachudakunihiro | 2012-11-25 15:35 | 昔のお仕事
笠松運動公園は茨城県で開催された第29回国民体育大会の主会場として1974年に整備されました。この茨木国体のモニュメントとして1974年(昭和49年)に製作・設置されたのが彫刻家・木内克氏(1892~1977)の「女神像」です。この像もとにかく巨大で台座だけでも6mを超える大きさです。木内先生はテラコッタの作品が有名ですが、この様な巨大な作品も制作していました。この当時は国体開催県はこぞってモニュメントや体育館・競技場を整備したのですが、近年、国体の開催について施設の無駄な整備等や予算の問題が提起され、この様な巨大な記念モニュメントはほとんど制作されなくなりました。今の時代では仕方がないのでしょうが、少し寂しい様な気もします。
昔のお仕事4(昭和49年 笠松運動公園 茨城国体モニュメント)_c0251346_12303887.jpg
写真中央左の帽子を被っている方が在りし日の木内克先生です。この3年後に先生はお亡くなりになりましたので、最後の大作になってしまいました。
昔のお仕事4(昭和49年 笠松運動公園 茨城国体モニュメント)_c0251346_12305243.jpg
昔のお仕事4(昭和49年 笠松運動公園 茨城国体モニュメント)_c0251346_1231551.jpg
昔のお仕事4(昭和49年 笠松運動公園 茨城国体モニュメント)_c0251346_12311783.jpg
昔のお仕事4(昭和49年 笠松運動公園 茨城国体モニュメント)_c0251346_12312921.jpg
昔のお仕事4(昭和49年 笠松運動公園 茨城国体モニュメント)_c0251346_12314510.jpg
昔のお仕事4(昭和49年 笠松運動公園 茨城国体モニュメント)_c0251346_12315641.jpg
昔のお仕事4(昭和49年 笠松運動公園 茨城国体モニュメント)_c0251346_1232898.jpg

by yachudakunihiro | 2012-11-20 12:43 | 昔のお仕事
長崎県立総合運動公園陸上競技場は長崎県諫早市にあり1969年(昭和44年)長崎国体開催の為建設されました。その競技場正面広場に設置されたのが、前長崎国体のモニュメントでもある「創造の女神」像です。作者は長崎県名誉県民・文化勲章受章者の彫刻家・北村西望氏(1884~1987)です。長崎平和祈念像の作者として有名です。この競技場は2014年に長崎県で開催される2順目の国体と施設の老朽化の為2010年に解体され、同じ場所に新たな競技場が建設中です。整備基本計画によるとこのモニュメントなどはまた再利用する様ですので是非残してもらいたいものです。
昔のお仕事3(昭和44年 長崎県立総合運動公園陸上競技場)_c0251346_175187.jpg
陸上競技場前の景色。この頃は何もありませんでした。
昔のお仕事3(昭和44年 長崎県立総合運動公園陸上競技場)_c0251346_15591534.jpg
昔のお仕事3(昭和44年 長崎県立総合運動公園陸上競技場)_c0251346_15592241.jpg
昔のお仕事3(昭和44年 長崎県立総合運動公園陸上競技場)_c0251346_15594240.jpg
昔のお仕事3(昭和44年 長崎県立総合運動公園陸上競技場)_c0251346_15595458.jpg
昔のお仕事3(昭和44年 長崎県立総合運動公園陸上競技場)_c0251346_1606100.jpg
左で帽子を被っているのが先々代社長です。
先々代社長は戦前より北村先生とは親交が深く、北村先生の仕事は数多くさせて戴いたそうです。
昔のお仕事3(昭和44年 長崎県立総合運動公園陸上競技場)_c0251346_1603246.jpg
左から2人目が北村西望先生(当時85歳)で、まだ大変お元気な頃です。
北村西望先生は1987年103歳で永眠し、大変ご長寿でした。
by yachudakunihiro | 2012-11-10 15:14 | 昔のお仕事
1978年(昭和53年)桜で有名な岩手県奥州市水沢公園の後藤新平像設置作業です。作者は文化勲章受章者の彫刻家・朝倉文夫氏(1883~1964)です。元の作品は1930年制作で旧満州大連市に建立されていましたが、その像はソ連軍に破壊されたそうです。1978年に後藤新平記念館建設事業として水沢公園内に再建されました。作品の石膏原型は現在、東京都台東区立朝倉彫塑館に所蔵されています。朝倉氏は大正・昭和を代表する彫刻家で、早稲田大学の大隈重信像などが有名です。朝倉先生も弊社の先々代社長を懇意にして戴いた作家です。
昔のお仕事2 (昭和53年 岩手県水沢公園の後藤新平像)_c0251346_17293713.jpg
    作品の大きさは4m80cmで台座を合わせると約8mにもなる巨大な像です。
昔のお仕事2 (昭和53年 岩手県水沢公園の後藤新平像)_c0251346_19104362.jpg

昔のお仕事2 (昭和53年 岩手県水沢公園の後藤新平像)_c0251346_19113151.jpg
昔のお仕事2 (昭和53年 岩手県水沢公園の後藤新平像)_c0251346_19115226.jpg
昔のお仕事2 (昭和53年 岩手県水沢公園の後藤新平像)_c0251346_19121361.jpg
昔のお仕事2 (昭和53年 岩手県水沢公園の後藤新平像)_c0251346_19124848.jpg
昔のお仕事2 (昭和53年 岩手県水沢公園の後藤新平像)_c0251346_19132934.jpg

昔のお仕事2 (昭和53年 岩手県水沢公園の後藤新平像)_c0251346_17273433.jpg

昔のお仕事2 (昭和53年 岩手県水沢公園の後藤新平像)_c0251346_191494.jpg
    昔の落成式は派手でした、後ろ側には大きな花輪が見られます。
by yachudakunihiro | 2012-11-05 19:19 | 昔のお仕事
1978年(昭和53年)池上本門寺の仁王像設置作業です。
作者は日本芸術院会員・文化勲章受章者の彫刻家・圓鍔勝三氏(1905~2003)です。圓鍔先生は弊社をとても懇意にして戴き、先々代社長・前社長も大変お世話になりました。この仁王像のモデルはあのアントニオ猪木です。ちなみに池上本門寺には猪木氏の師匠でもあるスーパースター力道山氏のお墓があります。

昔のお仕事1(昭和53年 池上本門寺の仁王像)_c0251346_18251423.jpg
圓鍔先生の川崎市のアトリエにて梱包前の仁王像です。スゴイ迫力!
昔のお仕事1(昭和53年 池上本門寺の仁王像)_c0251346_18282733.jpg
梱包作業です。この作業は今も昔もあまり変わりはありません。
昔のお仕事1(昭和53年 池上本門寺の仁王像)_c0251346_18341668.jpg
僧侶や信者の皆さんで、お出迎えです。
昔のお仕事1(昭和53年 池上本門寺の仁王像)_c0251346_1836096.jpg
車両から降ろします。
昔のお仕事1(昭和53年 池上本門寺の仁王像)_c0251346_1836248.jpg
トラック脇が弊社前社長、前にいらっしゃるのが圓鍔先生です。
昔のお仕事1(昭和53年 池上本門寺の仁王像)_c0251346_1839371.jpg
昔のお仕事1(昭和53年 池上本門寺の仁王像)_c0251346_1840245.jpg
設置が終わって、「はい、チーズ!」昔懐かしい社員さんたちです。
by yachudakunihiro | 2012-11-01 18:43 | 昔のお仕事